谷口誠一の両親との関係は?西鉄バスジャック事件から23年後の現在は?

みなさんこんにちは。

2000年ゴールデンウィーク、福岡県で死者が出てしまうバスジャック事件がありました。

犯人の名前は谷口誠一。当時17歳の少年が起こした悲惨すぎる事件でしたが、気になるのは犯行の動機ですよね。

どうやら引き金を引いたのは両親という疑惑が一部で浮上しているようでした。

確かに当時未成年の少年が起こした大事件ですから、当然育ての親である両親の存在が気になるところですよね。

今回はそんな谷口誠一氏とその両親の関係性について調査してみました。

あわせて読みたい
西鉄バスジャック事件で逃げた人は?脱出した人の悲惨な末路とは みなさん、こんにちは。 2000年5月3日に福岡県で起きたバス乗っ取り事件をご存知でしょうか? 人質は22人、生中継されながらおよそ320kmも移動、事件解決までの所要時間...
スポンサーリンク
目次

谷口誠一の両親との関係は?

谷口誠一氏と両親の関係は良好な関係性ではなかったと言えそうです。

代表的な両親とのエピソードについてまとめました。

両親とのエピソード

▶母親を「貴様」呼ばわり、家庭内暴力があった

▶両親にいじめを相談するも認めてもらえなかった

▶強制的?に精神病院に入院させられる

母親を「貴様」呼ばわり、家庭内暴力もあった

小学校から始まったいじめをきっかけに谷口誠一氏は他者に対して攻撃的な態度を取り始めたそうです。

母親を「貴様」と呼び、物を投げつける事もあったそうです。

少年の両親は家庭で暴れる少年に隷従しており、暴力や脅迫によって人を支配できることを少年に教えてしまったようなものだった。

引用:マネー現代

両親にいじめを相談するも認めてもらえなかった

両親は学校にいじめを相談したものの、いじめの事実を認めてもらえなかったようです。

いつ相談したのかは不明でしたが、少なくとも中学校3年生で受けたいじめにより大怪我を負った時には両親も認めざるを得なかったと思われます。

谷口誠一氏は中学3年生の頃に「2階の窓から飛び降りる」という学校で流行っていた遊びを強要され、腰椎圧迫骨折の重傷を負っているんです。悪質すぎますね…。

いじめにより引きこもり生活となった谷口誠一氏は、両親にパソコンを買ってもらうという話がありました。

少なくとも子供にとって良い方向に進むように努めていた様子が伺えます。

しかしネット内でも人間関係は上手くいかず、掲示板で馬鹿にされ始め精神のバランスは崩壊。結局家族への暴力行為は悪化してしまいました。

強制的に?精神病院へ入院させられる

少年は、いじめへの復讐として中学校襲撃事件を計画しており、凶器の購入など計画に気が付いた両親は、精神科の病院に医療保護入院させることにした。少年は見捨てられたという思いからか、「覚えていろよ!」と親への復讐を仄めかした。

引用:マネー現代

事件発生の2ヶ月前、谷口誠一氏は国立肥前療養所に措置入院しています。

これは自室から犯行声明やナイフなどの武器が見つかった為だと言われています。

強制されたのかは不明ですが、少なくとも親の同意ありきで精神病院への入院があったことは事実のようです。

犯罪を起こしたのは未成年とはいえ谷口誠一氏なのですが、親の行動によって彼が追い詰められてしまったのではないかという声が上がっているようです。

スポンサーリンク

西鉄バスジャック事件から23年後の現在

事件から23年という月日がたち、当時に関する情報はほとんどありませんでした。

しかし谷口誠一氏の両親は今でも遺族に賠償を続けているという記事がありました。(引用:Twitterより)

 

事件から1年後、両親は被害者22人に賠償金を支払う事が確定。

内訳は死亡者が550万円、重傷者が350万円。そして残りが20万円から40万円で、総額は1380万円になったそうです。

事件後、お母さんは保健師だったのですが退職、お父さんは家族の生計を支えるため区切りが付くまで会社に残りのち退職していました。

家は売り払ってお金の補填に当てたそうです。

そして亡くなられた女性の3人の子どもに月1万〜2万円の賠償金を払い続けているようです。

あわせて読みたい
西鉄バスジャック事件で逃げた人は?脱出した人の悲惨な末路とは みなさん、こんにちは。 2000年5月3日に福岡県で起きたバス乗っ取り事件をご存知でしょうか? 人質は22人、生中継されながらおよそ320kmも移動、事件解決までの所要時間...
スポンサーリンク

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次