【パル社長】溝部拓郎の経歴まとめ!任天堂との関係が悪化?

みなさん、こんにちは!

今日は今話題の新感覚ゲーム『パルワールド』の創設者である溝部拓郎さんの経歴についてご紹介します!

溝部拓郎さんは果たしてこれまでの経歴で大手ゲーム会社任天堂との関わりはあったのでしょうか?

スポンサーリンク
目次

【パル社長】溝部拓郎の経歴まとめ!

溝部拓郎の経歴
  • 2012年 東京工業大学卒業
  • 2012年 JPモルガン証券入社
  • 2012年 レジュプレス創業 STORYS.JP リリース
  • 2014年 仮想通貨取引所 Coincheck 創業
  • 2015年 株式会社ポケットペア 創業

溝部拓郎さんは1988年生まれの36歳(2024年現在)。

調査してみると、なんと小学5年生の自由研究でジューティングゲームを自作していました。

このころから才能の芽は出てきていたのですね…。

大学を卒業後はNYの金融業界難易度2位とされるJPモルガン証券で、3年ほどエンジニアとしてシステム開発に従事。

学生の頃から「ゲームを作りたい」という夢があった溝部さんは2015年に「パルゲーム」の開発企業、株式会社ポケットベアを創業しました。

【学生の頃の溝部拓郎社長】

スポンサーリンク

任天堂との関係が悪化?

溝部拓郎さんは元々ゲームが大好きで、我々と変わらない任天堂ユーザーでした。

一時は任天堂に就職しゲーム開発に携わることを夢見てたようで、当時成長していたゲーム系のベンチャー企業で2年ほどアルバイトをしながらエンジニア修行を積んでいたことも。

また学生のころ、任天堂主催の1年をかけたゲーム開発プロジェクトに参加したことがあったようです。

社員さんを講師に迎えてゲーム開発するみたいです!

もともとゲーム開発に興味はありました。初めてゲームをつくったのは大学3年のころで、任天堂が主催していた「任天堂ゲームセミナー」に参加したときです。確かその年は1チーム9人で4チーム、合計36人が参加していたと思いますが、そこでニンテンドーDS用のゲーム開発に挑戦しました。

引用:WIRED

溝部社長
もともと任天堂のゲームは大好きで、それはいまも変わりません。深く尊敬もしています。
溝部社長
任天堂は新しい作品、独自性のある作品を高い品質でしっかりつくろうという哲学が強い。一方、わたしは自分の作品をひとりでも多くの人に楽しんでもらいたいという気持ちが根底にあって、そのために世の中によいアイデアがあればそれを拾うし、必ずしも独自性にこだわらなくてもいいと考えているんです。

自分の作ったゲームを世の中に広めたいという想いを突き詰めた溝部拓郎さん。

様々なキャリアを築く間、任天堂が思い描くビジョンとは違った溝部拓郎さん独自のゲーム作りへの思想が生まれたようですね!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『パルワールド』創設者の溝部拓郎さんの経歴や任天堂との関わりについてご紹介しました!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次