【岐阜市陸自銃乱射事件】発砲した人は誰?誤射はありえない?原因はいじめか

みなさんこんにちは。

2023年6月14日午前9時10分ごろ、日野基本射撃場にて男性隊員が自動小銃を発射し、3人が負傷、そのうち2名が死亡するという事件がありました。

発射したのは誰なのでしょうか?誤射の可能性はあるのでしょうか?

また何故このような事件が起きてしまったのか、原因についても考察していきたいと思います!

スポンサーリンク
目次

発砲したのは誰?

18歳の自衛官候補生の男が現行犯で逮捕されています。

18歳で自衛官候補生として入隊していたようです。

自衛官候補生とは

学歴を問わず、18歳以上33歳未満の人が応募できる

高校卒業時の試験に合格し「自衛官候補生」になれば、3ヵ月の訓練期間を経て2等陸・海・空士として任官される

元自衛官の方のコメントでは教育課程の終盤に実弾による射撃訓練があるようで、今回の事件はその際に起こったものだと考えられます。

スポンサーリンク

誤射はありえない?原因はいじめか?

【引用:自衛官募集HP】

どうしてこのような事件が起きてしまったのでしょうか?

誤射の可能性を否定した上で、いじめによる報復の可能性についてご紹介します。

誤射の可能性はない?

こちらは元自衛官の方が事件についてコメントしたものです。

射撃中の銃に関する管理は陸上自衛隊で徹底しているため、誤射はありえないとのことでした。

また報道では【他の隊員に向けて発砲した】と情報がありましたので、意図的に犯行に及んだと考えられます

自動小銃を発射した隊員は、その場で取り押さえられ、殺人未遂の現行犯で逮捕されたという。逮捕されたのは、18歳の自衛官候補生の男。当時、現場の射撃場では訓練が行われていて、逮捕された男は、他の隊員に向けて発砲したという。

引用:yahoo

原因はいじめか?

原因は上官や先輩からいじめを受けその報復で意図的にやったのではないかという声が多数上がっていました。

1984年山口県の駐屯地でも同様の事故

陸上自衛隊では過去にいじめが原因で訓練中の隊員が同僚へ自動小銃を乱射し、一人を死亡させる事件がありました。

キャプション
  • 事件発生日:1994年2月27日
  • 事件発生場所:山口市の陸上自衛隊山口駐屯地射撃場
  • 被害者:同僚隊員4人が重軽傷(翌日1人死亡)
  • 犯人:21歳の二等陸士
  • 銃を持ったままジープで逃走するも5時間後に銃刀法違反で現行犯逮捕された。

この事件の犯人は重度のうつ病を患っており、事件後に精神病院に入院しました。

日頃から馬鹿にされていたストレスが爆発したことで実行に至ったそうです。

スポンサーリンク

【岐阜市陸自銃乱射事件】発砲した人は誰?誤射はありえない?原因はいじめ?

いかがでしたでしょうか?

今回は岐阜市の陸上自衛隊訓練場で起きた乱射事件についてご紹介しました。

自衛官内での殺人事件、日本国土防衛機関であってはならない事件ですが過去にも同様の事件があったのは驚きました。

原因追求と防衛策を改めて考える必要があると思います。

最後に、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次